1分間イージーヨガ

どのクラスでも出てくることが多いダウンドッグ。
サンスクリット語でアドムカシュヴァナーサナや、日本語で下向きの犬のポーズ。英語正式名で、ダウンワードフェイシングドッグと言われることもある大変メジャーなアーサナです。
中村尚人先生がダウンドッグに取り組む際のコツ、ポイントを1分間でアドバイスします。

ポーズのコツは『骨盤、股関節の使い方』

ダウンドッグに取り組む時、背中が丸まる方は非常に多いです。
そのような場合には、片足を斜め上に持ち上げて蹴るようにすると、自然と背中が伸びてきます。この時に反対脚の鼠径部もしっかりと引き込まれて良いポジションに入るので、この動きを左右の脚交互に行います。
この股関節を引き込む感覚を、両脚でも同じように行っていきましょう。そうすることで、ダウンドッグで背中が伸びる感覚を掴めるようになります。

中村尚人

2017年イージーヨガアンバサダー。八王子のスタジオ「TAKT EIGHT」代表。

理学療法士として活躍後、ヨガやピラティスの資格を取得し指導を開始。

ヨガの流派は豪州の理学療法士が創設したYoga Synergy。またカイヴァルヤダーマヨーガ研究所にて伝統的ヨガを学んでいる。ケガ無く、安全で機能的なアーサナを追求し、指導することをモットーとしている。



ショッピング

レッスン予約

取扱店舗

PAGETOP