1分間イージーヨガ

ウシュトラーサナ、日本語名ではラクダのポーズ。このアーサナは、バックベンド系のポーズの中でも非常に深めの後屈です。
中村尚人先生がウシュトラーサナに取り組む際のコツ、ポイントを1分間でアドバイスします。

ポーズのコツは『お腹周辺の使い方』

大事なことは、お腹周りがしっかりと使われていて安定していることです。
お腹の筋肉をきちんと使うために、まずは後屈せずに身体を後ろに倒します。倒すと自然と腹筋が入ってくるので、その状態を理解したところで胸を開き、両手にもたれかからないように手のポジションをセットし、お腹を前に押し出すようにポーズに入っていきます。さらに胸を天井方向に開いていくと、きれいにウシュトラーサナに入ることができます。

中村尚人

2017年イージーヨガアンバサダー。八王子のスタジオ「TAKT EIGHT」代表。

理学療法士として活躍後、ヨガやピラティスの資格を取得し指導を開始。

ヨガの流派は豪州の理学療法士が創設したYoga Synergy。またカイヴァルヤダーマヨーガ研究所にて伝統的ヨガを学んでいる。ケガ無く、安全で機能的なアーサナを追求し、指導することをモットーとしている。



ショッピング

レッスン予約

取扱店舗

PAGETOP