1分間イージーヨガ

ウッティッタハスタパダングシュターサナは、片足で立つポーズ、手で足の親指を掴むポーズと日本語で呼ばれることもあります。
中村尚人先生がウッティッタハスタパダングシュターサナに取り組む際のコツ、ポイントを1分間でアドバイスします。

ポーズのコツは『身体のイメージを持っておくこと』

手で掴んだ脚を上に上げようとする意識が高まるほど、身体が前かがみになり、背中が丸くなって緊張するので、軸足の膝が曲がってきてしまいます。
身体の意識は前ではなく、上に伸びるイメージを持っておきましょう。身体を引き上げるイメージ、軸足と頭を引き離す意識を持っておくと、それにつられて掴んでいる方の足も自然と上がってきます。

中村尚人

2017年イージーヨガアンバサダー。八王子のスタジオ「TAKT EIGHT」代表。

理学療法士として活躍後、ヨガやピラティスの資格を取得し指導を開始。

ヨガの流派は豪州の理学療法士が創設したYoga Synergy。またカイヴァルヤダーマヨーガ研究所にて伝統的ヨガを学んでいる。ケガ無く、安全で機能的なアーサナを追求し、指導することをモットーとしている。



ショッピング

レッスン予約

取扱店舗

PAGETOP