1分間イージーヨガ

太陽礼拝(スーリヤナマスカーラ)でも序盤に登場するウルドヴァハスターサナ。
ウッティッタハスターサナとも呼ばれ、両手を上方に持ち上げるこのアーサナは、単純そうに見えて、意外にもミスアライメントが頻繁に見られます。
中村尚人先生がウルドヴァハスターサナで起こりがちな、首のミスアライメントを防ぐためのコツ、ポイントを1分間でアドバイスします。

ポーズのコツは『目線』

よく見られるミスアライメントは、首の後ろ側がつぶれ、シワが寄った状態になることです。
これを防ぐためのポイントが目線です。
目線を上に持っていく時に一緒に顔を上げる必要はありません。手を上方持っていきながら胸を開く際に、少しだけ顎を上げて、顔ではなく目線を上方に持っていくことで、長い首筋でポーズを取ることができます。

中村尚人

2017年イージーヨガアンバサダー。八王子のスタジオ「TAKT EIGHT」代表。

理学療法士として活躍後、ヨガやピラティスの資格を取得し指導を開始。

ヨガの流派は豪州の理学療法士が創設したYoga Synergy。またカイヴァルヤダーマヨーガ研究所にて伝統的ヨガを学んでいる。ケガ無く、安全で機能的なアーサナを追求し、指導することをモットーとしている。



ショッピング

レッスン予約

取扱店舗

PAGETOP