1分間イージーヨガ

ハード系のフローヨガでは、よくシークエンスに登場するポーズ。
ねじった椅子のポーズ『パルヴリッタウトゥカターサナ』です。
中村尚人先生がパルヴリッタウトゥカターサナに取り組む際のコツ、ポイントを1分間でアドバイスします。

ポーズのコツは『膝の位置』

よくあるミスアライメントとして、身体をねじると同時に膝の位置が左右ズレていくことです。
膝の位置がずれると、身体のねじりが甘くなりますので、効果が半減してしまいます。
そのため、身体を右側にねじる際には、右の膝が引けやすくなるので、右膝を前に少し出すような意識が必要です。逆に左にねじる場合には、左膝を少し前に出すように意識をしてください。そうすることで、膝の位置がきちんと揃ってくるので、きれいにねじりに入ることができます。

中村尚人

2017年イージーヨガアンバサダー。八王子のスタジオ「TAKT EIGHT」代表。

理学療法士として活躍後、ヨガやピラティスの資格を取得し指導を開始。

ヨガの流派は豪州の理学療法士が創設したYoga Synergy。またカイヴァルヤダーマヨーガ研究所にて伝統的ヨガを学んでいる。ケガ無く、安全で機能的なアーサナを追求し、指導することをモットーとしている。



ショッピング

レッスン予約

取扱店舗

PAGETOP